固定価格買取制度3

 少し前に「太陽光発電を分譲マンションで設置することは可能」だということをお話ししましたが、そもそも何故その考えに至ったのか、と言うことをお話ししたいと思います。

 その理由は、「集合住宅のオーナー」が固定価格買取制度を利用することが可能だということを知ったからでした。それだけなら一見関係なさそうですが、もしかしたら分譲マンションの管理組合でも固定価格買取制度を適用させることが出来るのでは、という疑問が湧き、そのことを調べました。

 結論から言えば出来ます。しかも、住宅用など10kW未満のパネルを設置した場合は余剰分を10年間買い取る方式な為、一般家庭では太陽光パネルで発電した電気の半分程度しか売ることが出来ませんでしたが、10kW以上のパネルを設置した場合は20年の全量買取となっています。
 つまり、昼間にどれだけ電気を消費しても太陽光パネルで発電した分はそれ以上の単価で買い取ってくれることになります。しかもその期間は20年。
 補助金などに制限がかかりますが、仮に補助金が一切受けられなかったとしても、それを補って余りあるメリットがあります。

 家庭用の場合10年でほぼ設置費用分が回収できるという話をしましたが、10kW以上のパネルを設置した場合、それよりも短い6~9年で回収できます。つまり、設置費用に400万円かけたとしても、20年の間に900万円~1300万円の買電収益を上げることが出来るのです。
 そんなに儲かるのなら太陽光発電事業に挙って参入するのでは?と考えてしまいますが、太陽光パネルを設置する場所土地の買収・賃貸費用や保守管理費用は結構馬鹿になりませんので、収益性を見極めるのが難しいところがあります。その点分譲マンションなら場所はありますし、管理も管理業務の一環になりますので、あとは保守費用だけを考えればいいのです。尚、企業においても、自社の空いている屋上や暫く使う予定のない遊休地があるなら、十分元が取れると思いますよ。

 という話(主に下線部分の内容)を管理組合の総会で語ったのですが、何故か管理会社がイチャモン(数百の分譲マンションの管理業務をしているが、検討しているのは数件、しかもいずれも設置費用がネックになって前例がないという理由)で難色を示されました。一方の管理組合にしても、事前に話をしていなかった所為もあり、全く手応えがありませんでした。
 設置をすれば管理費の収支改善にも寄与すると考えていますので、今後も引き続き働きかけるつもりです。ただ、今年の固定価格買取制度の買い取り価格は42円ですが、時間をかけすぎるとそれが引き下げられる公算が大きいですので、急いても事を仕損じない手順で頑張ってみます。
 頑張れるんだろうか......。

 個人的には20年という期間は長すぎると思っているんですけどね。数年後には太陽光発電促進付加金が電気料金の10%以上を占めるような気がしてならないからです。実際、7月から始まる固定価格買取制度のおかげで、一般家庭の太陽光発電促進付加金が早速100円以上加算されることが決まっています。
 既に受理されている固定価格買取制度の期間の短縮や価格の引き下げなんて出来ないですから、今後の固定価格買取制度の条件と太陽光発電促進付加金のバランス取りが難しいでしょうね。

このブログ記事について

このページは、sakumaが2012年6月21日 19:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「時間帯別電灯の検討2」です。

次のブログ記事は「冷蔵庫の集約」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja