冷蔵庫の集約

 我が家には20年ほど前から冷蔵庫が2台ある生活をしています。当時は200リットル前後の冷蔵庫2台を動かしていましたが、1台は15年前に、もう1台は13年前に買い換え、それ以降は225リットルと345リットルの2台を使い続けて現在に至ります。
 ところが、家族構成が変わって(減って)いるにもかかわらず、漫然と2台使い続けていました。そこで、消費電力効率の良い方(345リットル)一台に集約し、もう片方の冷蔵庫はお役御免にすればいいのではという思いで、家人に提案しました。
 すると家人は「(古い方の)冷蔵庫には殆ど入っていないからすぐに出来るよ」と言ってはくれたのですが、冷蔵庫は兎も角、冷凍庫はどう考えても無理な感じが......。しかも、この提案は昨年から数回しているのですが、庫内の状況は相変わらずで、いつになったら実行できるのやら。
 と思っていたら、つい数日前に漸く集約することが出来ました。訊けば古い冷凍食品(変色・霜付き等々)を数点処分したとのこと。もっと早く見直してよ~

 さて、大きい方の冷蔵庫一台に集約した場合、どれだけ電気料金が安くなるのでしょうか。小さい方の冷蔵庫を3月末に測った時点では約1050円/月(因みに大きい方の冷蔵庫の消費電力もほぼ同じです)でしたのでその金額分節約できると踏んでいましたが、6月上旬に測ると約1360円/月と約1.3倍に増えてしまいました。
 よくよく考えれば、外気が暖かいほど、庫内を冷やすために電気を食うのは当たり前で、夏と冬では倍違うとも言われています。間を取れば1200円/月ですので、結構大きい数字ですね。

 もしこれを買い換えるとすればどうなるでしょうか。消費電力が低めで冷蔵庫の価格が安いものをピックアップした中では、意外と家電量販店でもネットショップでもないスーパーで売っている物が一番安いものでした。
 440リットルとやや小柄ですが、現在使っている冷蔵庫よりは大きいですし、消費電力は500リットル超の冷蔵庫の超省エネタイプと同等の230kW/年に抑えられていて、且つ価格は9万円とそこそこのお買い得となっています。当然、ドアの数は少ないですし、特殊な機能はありませんが、あくまでも消費電力をメインに考えているため仕方がありません。
 その冷蔵庫は仕様通りの消費電力(設置状況・開閉回数・外気温・庫内温度設定等々で大きく変わります)なら480円/月のランニングコストで済みます。そのため、1920円/月(1200+1200-480)も抑えることが出来ますので、3年11か月で元をとることが期待出来ます。但し容量は570リットルから440リットルに減りますが。

 尚、この計算は古い2台を1台に買い換えた場合の計算であり、1台に集約したあとに買い換えた場合は720円/月の節約にしかならず、元を取るまでに10年5か月かかります。
 とは言え、新しい方の冷蔵庫で13年、古い方の冷蔵庫は15年使っていますので、省エネの観点からも、耐用年数の観点からも買い換えた方が良いのでしょうが、さてどうしたものでしょう。
 因みに古い方の冷蔵庫は目下リコールの無料点検受付中です。しかも2箇所です。メーカーが買い換えクーポンでも出してくれたら即買い換えるのに......。

このブログ記事について

このページは、sakumaが2012年6月26日 16:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「固定価格買取制度3」です。

次のブログ記事は「パソコンの買い換え」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja