2012年上半期の節電効果

「偉そうに御託を並べているけど、あんたは一体どれだけ節電しているんだ?書いている効果も机上の空論ではないのか?」という疑問をお持ちの方もおられると思います。
 そこで、2012年上半期(昨年12月~6月)に於ける実際の1日あたりの電力使用量を表にまとめてみましたので早速ご覧いただきたいと思います。

 

                 一日あたり 同昨年    前年  30日換算
    期間  電気料金 使用量  使用量  使用量   同月比  削減額  主な節電対策
12月 34日間  15401円 636kWh 18.70kWh 19.29kWh   -3.05%   450円  前年より白熱球
1月 28日間  12893円 539kWh 19.25kWh 19.32kWh   -0.37%   55円
2月 29日間  12055円 506kWh 17.45kWh 19.46kWh  -10.36%  1542円  シーリング、PC
3月 32日間  11437円 481kWh 15.03kWh 19.64kWh  -23.45%  3523円
4月 34日間  11199円 472kWh 13.88kWh 18.03kWh  -23.01%  3174円  プラズマ
5月 28日間   7576円 331kWh 11.82kWh 18.93kWh  -37.54%  5435円  待機電力
6月 29日間   7436円 324kWh 11.17kWh 22.41kWh ※-50.14% ※8594円  冷蔵庫

 

 どうです?効果は十分あると思いませんか?但し、6月分の(※)に関しては昨年はエアコンを使ったのに対して、今年は稼働していませんので、その差を考慮する必要があります。

 我が家で主に行ったことは、1:白熱球→電球型蛍光灯、2:蛍光灯シーリング→LEDシーリング、3:PC買い換えによる環境見直し、4:プラズマテレビ→LED液晶テレビ、5:待機電力の見直し、6:冷蔵庫の集約の6つです。
 かかったお金は124900円でしたが、計算上5500円/月+αの削減となっていますので、ほぼ想定通りの効果が得られています。この効果が持続するならこの先行投資は大成功と言って差し支えないでしょう。
 尚、例えばプラズマテレビは4月下旬に買い換えたため、効果が出たのは5月になってからですので、月中にある程度の効果が現れたとしてもそれが完全に反映されるのは翌月になります。

 冷蔵庫を含めた効果に関しては、夏季のエアコン使用量は気温変動に大きく影響されるため、10月にならなければ確定させることが出来ません。

このブログ記事について

このページは、sakumaが2012年7月 4日 13:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「節電トライアル」です。

次のブログ記事は「照明の性能」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.13-ja